山陽日日新聞ロゴ 2003年9月3日(水)
日本の原風景を水彩で
 一線美術会尾道グループ展
壁に掛かった風景画
 新しい創造と高い芸術の一線を目指す一線美術会の
第3回尾道グループ展が西御所町、喫茶バンプーで開
かれている。15日まで。
 地元会員7人が10号までの水彩各2点を出品してい
るほか、高橋健・中国支部長(尾道)が、尾道水道を
描いた油彩「残照・尾道」(12号)を出展。
 グループ会員の作品は、花田植えや水車、立葵を描
き込んだものなど田舎の風景が10点、それにヒマワリ
やアジサイなど花4点が彩りをそえ、とくに水彩なら
ではの日本の原風景が見る人の心を和ませている。
 会員出品はつぎのみなさん。
 金田一昭、生田紀子、橘ミツ子、和瀬富美子、後藤
俊夫、藤井久子、岡田千代美。
場所はこちらの「お店」→「は行」



ニュース・メニューへ戻る