山陽日日新聞ロゴ 2003年8月20日(水)
「瀬戸内への思慕を描いた監督たち」
 新藤・大林作品を綴る
  車内誌エッセイで佐藤さん
紙面
 ジェイアール東海エージェンシー(東京都千代田区)が発
行している新幹線グリーン車の車内誌「ひととき」の8月号に、
映画評論家で日本映画学校校長、佐藤忠男さんが「瀬戸内へ
の思慕を描いた監督たち」と題して、新藤兼人監督と大林宣
彦監督について綴っている(=写真)。
 エッセイ「映画人国記」の初回で広島県を取り上げたもの
で、自分の郷里を映画で描く監督として、二人の作品に込め
られた思いを分析している。前半の新藤監督に続いて、後半
で大林監督について記されている。
〜後略(紙面をそのまま抜粋引用)〜

転載責任者メモ:以前はグリーン車に乗る意外に、直接申し込むと譲ってくれると
        いう話がありましたが(かなり前に別件で問い合わせた時)、現在は
        知りません..


ニュース・メニューへ戻る