山陽日日新聞ロゴ 2003年8月20日(水)
伝統行事を継承
"供養の灯"幻想の世界を
 持善院が三原沖で精霊流し
水面の灯籠
 お盆に迎えた祖先の霊を彼岸にかえす精霊流しが18日夜、
三原沖の青木瀬戸でフェリー船上から行われ、暗い波間を漂
う灯龍が帯状に広がり幻想の世界を繰り広げた。
 西久保町、真言宗持善院(藤井栄真住職)が30余年前か
ら納涼をかね営んでいるもので、同日午後5時、土堂一丁目
の福本渡船桟橋から出港したフェリーは三原港桟橋に立ち寄
り、檀信徒あわせて約百人が乗り込み、船上で秋の七草など
描かれ、あらかじめ法名や施主が書き込まれた高さ20糎余
りの6角形紙灯龍に、紙製の蓮台を組み合わせ約500個の
精霊船を完成させた。
 このあと祭壇を設け、ローソクに火をいれ、藤井住職を導
師に盂蘭盆経、ついで御詠歌、般若心経を唱和し、先祖の霊
を慰めたあと、帯同した漁船を中継しつぎつぎと海上に。
 折からの引き潮に揺られながら供養の小さな灯が海面に反
映、変幻自在な光の模様を演出、船内から見送る参会者は思
わず手をあわせ幽玄の境地にひたっていた。
 かって尾道港で灯籠流し行われていたが、昭和30年代に
はいり、海水の汚染などから中止となり、もともと近くの島
々で1泊し地蔵流しを営んでいた持善院が伝統行事を残そう
と関係機関から了解をとりつけ復興させたもの。
 ここ10年余り続けて参加している古浜町、折川さんは「い
つものことですが心が洗われる気持ちです。とくに今年は波
も穏やかで美しく、みなさんのお手伝いができたことに感激
しています」と話していた。
持善院の場所

ニュース・メニューへ戻る