山陽日日新聞ロゴ 2003年8月14日(木)
自主映画「未来への贈りもの」
 多田義彦さん16日上映会を
マイクを手に話す多田さん
 (続報)尾道出身の多田義彦さんが自主製作した映画「未
来への贈りもの〜ミクハエガク。ココロノママニ」(1時間
40分)の上映会が16日、しまなみ交流館で開かれる。
 視力を失った8歳の少女と、家族と別れ1人で生きる中年
男性の心のふれあいを描いた物語。聴覚障害者にも同時に分
かり易くするために、効果音やセリフを通常より大きくする
など、工夫している。
 このほど市総合福祉センターで開いた試写会で多田さんは
「準備から1年と少し、信念を持っていれば、必ず実現出来
ることを知った。ポランティアの方たちと力を合わせて完成
しました。色んなことを感じて頂ければ」とあいさつした
(=写真)。
 上映は午前11時、午後2時半、6時半からの3回。入場
料は千円(中学生以下5百円)。会場には撮影で使った衣装
や美術小物なども展示する。



ニュース・メニューへ戻る