山陽日日新聞ロゴ 2003年8月7日(木)
夏に鍛える100キロの旅
 5日間歩く尾道〜御調〜向島
浄土寺前?を歩く子供達
 尾道青年会議所(柿本和彦理事長)が主催する「おのみち
100km徒歩の旅」が6日、尾道駅前からスタートした。
 尾道、向島、御調の子どもたちに、地元の町を歩いて散策
して、忍耐力と郷土愛を培ってもらおうと初めて企画。小学
生3年から6年生までの45人が、10日までの4泊5日で、
合計100qを歩き抜く。
 初日は、午前中から夏の太陽が照りつけるなか、駅前から
持光寺、千光寺公園、天寧寺、西國寺、浄土寺など13のポ
イントを巡った。ポイントごとに休憩時間をとり、お互い励
まし合いながら歩き続けていた。
 夕方に三成小学校に到着、宿泊して2日目の7日は木ノ庄
から御調に向けて歩く。
 大学生、高校生ら40人が食事の世話などでボランティア
参加。

転載責任者メモ:この写真は浄土寺前あたりでしょうかね。
        100kmというと、しまなみ海道を歩いて渡っても
        余るぐらい。この土日がらみのイベントは台風の影響が心配です。


ニュース・メニューへ戻る