山陽日日新聞ロゴ 2003年7月29日(火)
3000トンクレーン船
 日本最大級のフック
  寺本鉄工所が4台製作
並ぶ巨大フック
 正徳町、寺本鉄工所(寺本吉孝社長、資本金3600万円)
はこのほど、日本でも最大級のフックプロックを製作、話題
を呼んだ。
 深田サルベージが石川島播磨重工業に発注したクレーン船
(サルベージ船)のフックブロックを寺本鉄工所が受注した。
 物を吊り上げるフックブロックは4台のセットで。1台当
たり750トン、フック爪部は3.6mと日本最大級で寺本
鉄工所が製作した中では最大。
 4台で3000トン吊りクレーン船は国内で10隻に満たず、
「10年に1隻建造するかどうかの大きさです」(寺本社長)
と話題となった。
 石川島播磨重工業から2月に受注、今月20日、相生工場に
納入した。
 クレーン船は完成後、サハリンに運ぱれ、天然ガスのパイ
プライン架設の建設現場で活躍する。
 〔写真は福地工場から搬出されるフックプロック〕。



ニュース・メニューへ戻る