山陽日日新聞ロゴ 2003年7月23日(水)
歴史的価値に十分配慮
 まちなみで補助金第1号に
宮邊海産
 尾道市まちなみ形成推進委員会は(委員長=稲田全示尾道
大学教授、委員6人)このほど、「まちなみ形成事業」で補
助金を交付する第1号に土堂二丁目、宮遵海産所有の建造物
に決めた。
 同事業は、中心市街地の個性的で風格のある尾道らしい町
並みを創っている文化的遺産(歴史的な建造物、工作物など)
を対象に、その所有者らが行う修理や復元整備に、補助金を
交付(事業費の4分の3で200万円限度)する制度で、今
年度から始めた。
 第1号となった建物は、現在の中国料理店への改修で、歴
史的価値に十分配慮した外観になっていると判断されたもの。
この後事務局で補助金額が協議される。
 尾道市企画課によると、制度を利用したいという相談が他
にも来ているという。〜後略〜(形成推進委員のメンバー名)

転載責任者メモ:ここは海産会社であった間は遠慮して入らなかったですが
        中華料理店になったということで、次回は是非入ってみたい
        建物です。非常に古い室内の荷物エレベーターがあったり
        面白い構造になっているのが外からでも見えました。3階に
        見える三角に出っ張ったガラス部分もユニークです。


ニュース・メニューへ戻る