山陽日日新聞ロゴ 2003年7月4日(金)
「海の日」
 式典や巡視艇体験航海など
  旬間も月間に 今年から7月第3月曜日
 今年から7月第3月曜日に改められた第8回「海の日」(21日)
を前に尾道海の日協会(会長、亀田尾道市長)は、このほど総会
を開き、海の月間を中心とした行事を決めた。海事功労者や海上
保安協力者および海の図画・ポスターコンクールの入賞者を表彰
する海の日式典を22日、グリーンホテル尾道で開くほか、主な
実施計画はつぎの通り(カッコ内は担当部署・団体)。
 ◇市中パレード=21日、尾道市内目抜き通り(尾道海洋少年
団)◇巡視艇による体験航海=今月中旬、海洋少年団員招待(尾
道海上保安部)◇海の図画・ポスター展=18〜25日、尾道ポ
ートターミナル(尾道市)◇訪船慰問、傷病船員慰問=中旬、尾
道港内ならびに市内の病院(全国海友婦人会・全日本海員組合尾
道支部)◇海浜清掃=8月にかけ、向島海岸(市、向島町)◇港
湾清掃=旬間中、尾道糸崎港水城(県清港会尾道支部)◇船員・
海事ソフトポール大会=5〜6日、向島町B&Gグランド(中国
運輸局尾道海事事務所、海員組合)◇汽笛一斉吹鳴=20日、尾
道糸崎・福山在港船舶。
 なお、海の日の変更と同時にこれまで20日から31日までだ
った「海の旬間」も1日から31日までの「海の月間」に改めら
れた。
 海の日の前身「海の記念日」は、明治天皇が明治9年、東北巡
幸の帰途、灯台視察船「明治丸」で、青森から函館を経て横浜に
安着された日に由来。昭和16年、ご到着された7月20日を
「海の記念日」として制定。平成8年から国民の祝日「海の日」
になり、今年で8回目を迎えるもの。



ニュース・メニューへ戻る