山陽日日新聞ロゴ 2003年5月22日(木)
絵が大好き
中央小5年、吉原正能君
 No.1の文部科学大臣賞
  お母さんの似顔絵全国コンテスト
似顔絵
 産経新聞社主催の今年度「お母さんの似顔絵全国コンテス
ト」で、中央小5年、吉原正能君(10)の絵=写真=が全国
ナンバーワンの文部科学大臣奨励賞を受賞した。
 絵が大好きで3歳の時から尾道、三原、因島の写生大会に
参加、入賞を繰り返してきた。
 27回を数える「母の日記念『お母さん展』〜お母さんの似
顔絵全国コンテスト」に応募した作品は、母、敬子さんが台
所で食器を洗っているシーンで背後に瞬間湯沸し機、身に着
けているエプロンにネズミの刺繍がアクセントになっている。
 県レベルでの審査では最高の県知事賞に入り、県知事賞3
人のうち最優秀を射止め、広島県代表として全国大会に出品
された。
 11日の母の日、このコンテストに協賛している天満町、マ
イカル尾道サティで作品が展示された。
 47都道府県代表のお母さんの似顔絵のなかから見事にナン
バーワンの文部科学大臣奨励賞に輝いた。
 審査評としては「お母さんの顔の表情、特に口許がよかっ
た」と称賛。
 17日、正能君は母、敬子さんと共に大阪市、産経新聞本社
で表彰された。
 父親は亀森八幡神社、吉原典孝宮司で正能君は次男。
 「これからも大好きな絵を描いていきたいと思います」
(正能君)と話していた。


転載責任者メモ:全国紙のネタなのでお名前もそのまま載せました。
        とても明るい家庭の雰囲気が伝わってくる絵ですね。台所で
        皿を持って拭いていると一目で分かるのに、無駄な部分が
        綺麗にカットされた構図が素晴らしい。
        刺繍になっている耳の長い動物はウサギに見えるのだけれど、
        ご存じの方は掲示板まで(^^;)。(よく見るキャラではある)


ニュース・メニューへ戻る