山陽日日新聞ロゴ 2003年5月17日(土)
あれも見たいこれも観たい
人の多さではなく、みんなで楽しもう
 平山翁を偲び「雁木物語」
  天も味方。お天気はなんとか持ちそう
みなと祭り準備整う町並み
 雨模様だった天気予報が土曜日は晴れに変わり、第60回
尾道みなと祭はお天気も味方につけた。開催時期が今春は福
山バラ祭と重なったが、20世紀型の人出を競うのではなく、
祭りでどれだけ市民が楽しめるか、「住んで楽しい」まちづ
くりの実践の一つだ。
 港尾道の繁栄の礎を築いた平山角左衛門翁(尾道市名誉市
民)にまず敬意を表し、浄土寺での読経、墓参に続いて翁を
祀る住吉神社でも祭事が営まれるが、今年はテゴー座による
「雁木物語」の公演が18日(日)午後12時45分開演(し
まなみ交流館、無料)されるのが特筆される。
 諸行事に先立ち、17日午前10時からスタンプラリー、フ
リーマーケット(市役所南など)、飲食屋台村(ベルポール
広場、公会堂西)や「木と石の美展」、道輝スカウト団テン
ト村、池坊いけぱな進来社中の協賛行事がパレードに先行し
てスタートする。
 17日(土)の主な行事
12:00からハーレーパレード、尾道めぐみ幼稚園、スミレ幼
稚園、尾道幼稚園、まるか食品、尾道国際ホテル、しまなみ
信金、連合民生児童委員協、藤門会、YAYOIバトンスク
ール、市老連・広恵会、会議所・市議会議員と会議所女性会、
藤姿会、新高山めぐみ幼稚園、連合女性会、市職員踊り、今
治親和会連(13:55スタート)が本通りをパレードする。
 ベルポール広場では、12:10から市立幼稚園児ええじやん
踊り。隣の西御所上屋倉庫で12:30からシーミュージアム。
公会堂では12:30から春の吹奏楽まつりに、8団体が出演。
御調中吹奏楽部、向島中プラスバンド部、久保中音楽部、日
比崎中吹奏楽部、尾道北高器楽部、尾道大吹奏楽部、市吹奏
楽団、弓削商船吹奏楽部の競演。
 メインステージ(駅前)では、12:00開会式。12:30から
ミス尾道認証式、尾道・今治姉妹都市交流式典、今治寿太鼓、
今治ダンスバリサイ、空手の演舞、継ぎ獅子(15:15)フラ
ダンスと続き、ええじやんSANSAがりが午後4時ごろ到
着。仕上げの総踊りが20:30スタートの予定。
 18日(日)主な行事
9:30に消防音楽隊演奏で始まる2日目だが、例年と違って
祭の中身自体は日曜日の方が豪華版になっている。
 「雁木物語」公演のほか、10:00〜20:00までメインステ
ージで第2回おのみち音楽祭。17:00からは夕暮れ雁木ライ
ブに変わる。
 14:00〜16:00まで一般観覧可で西御所岸壁に御座船「備
州」がやってくる。
 真打ちは「おのみち吉本劇場」で18:00会場は公会堂。前
売り2300円、当日2500円。
 パレードは10:00から市保育連盟、郵便局、西藤編笠音頭
保存会、ロイヤルスカーレッツマーチングバンド、尾道海洋
少年団、柔道スポーツ少年団、あい町協、EMIKOバトン
トワラーズ、ミス尾道パレード(12:00)日東電工、三下り
保存会、ねたきりになら連、子育連、ママ保育園、市商運で
大トリが一宮神社(14:00)。
 交流館前広場で10:00からレトロ商店街。ちんどんや・大
道芸は商店街へも繰り出す。13:00から公会堂で神楽。
 メインステージでは、おのみち音楽祭の合間に13:00から
尾道結婚物語、13:40おのみちイメージソングコンテスト、
15:30サンフラワーワンダーランドショー、16:00から尾道
ベッチャー太鼓とベッチャーサンバで夕暮れ雁木ライブに移
行する。
 他に海上イベントが両日、尾道水道や西御所岸壁、中央桟
橋等で繰り広げられる。
 第12回尾道薪能は17日午後6時開演で浄土寺で行われる。
山王祭は翌週。


ニュース・メニューへ戻る