山陽日日新聞ロゴ 2003年5月3日(土)
感性豊かに個性を
 市役所OB洋画四人展
展示の様子
 画歴約30年の前市助役丸山義登さん(64)ら元市職員4
人による第5回洋画展が西御所町、喫茶バンプーで開かれて
いる。
 迷彩会会員高垣貢さん(81)が人物や風景。元生彩会会員
青山和雄さん(71)が田舎の風景。尾道美術協会会員丹藤美
智子さん(71)が天寧寺やフランス風景。同会員の丸山さん
が桜土手や静物など、それぞれ個性あふれた8号までの作品
5点ずつを出品。
 高垣さんと青山さんが水彩で、とくに高垣さんの裸婦が異
彩を放ち、丹藤さん、丸山さんの油彩にも感性の豊かさが感
じられる。
 地元画壇の長老で光風会会員荒川節さん(写真左)は「風
景や静物を主体にうまく描かれていますね。グループ展では
最も伸び、見せ場を意識しての画風が評価され、多くの方々
に見てもらいたいものですね」と語っていた。
 会期は16日まで。ただし4、5、11日は休店。


ニュース・メニューへ戻る