山陽日日新聞ロゴ 2003年4月29日(火)
谷川徹三コレクション
 白樺美術館で「愛ある眼」展
作品
 久保3丁目、尾道白樺美術館で29日から、谷川徹三コレク
ション展「愛ある眼」が開かれる。7月7日まで、会期中は
無休。
 大正・昭和期を代表する哲学者、谷川徹三(1895〜1989年)
は、柔軟な考察と思考で積極的な評論活動を展開すると同時
に、美術や音楽、骨董、茶道といった芸術の分野まで幅広く、
深く眼を向けていた人物。詩人谷川俊太郎さんは長男。
 ジェンティーレ・ベリーニの絵画「聖母マリア像」(=写
真の作品)など展示。
 入館料は一般800円、大学高校生700円、市内の中学・
小学生は無料。


ニュース・メニューへ戻る