山陽日日新聞ロゴ 2003年4月19日(土)
カメラ博物館「坂道写真館」
迷宮都市・おのみち展
 4日間無料で オープン1周年を記念
作品展示の前で作者
 東土堂町の千光寺参道に昨年4月にオープンしたギャラ
リー&カメラ博物館「坂道写真館」で、18日から開館1
周年を記念する「ラビリンス迷宮都市おのみち」写真展が
始まった。
 オーナーの山中仁さん(45)=写真=が昨年暮から今年
初めにかけ千光寺山と西国寺山南山麓を縫うように這う路
地でモノクロフィルムを使用し撮影したネガをカラープリ
ントし、セピア色に仕上がったワイド四ツ切サイズの作品
14点を展示。「いつか来た道」や「迷宮への細道」など
ネーミングとともに大正レトロを感じさせるセピアの世界
が郷愁を誘っている。
 また別室には「山紫水明」など浄土寺山と千光寺から撮
った尾道水道の白黒作品11点に山中さんが収集したソ連
製のキエフなど珍品カメラ百数十点を展観、マニアや観光
客らの目を楽しませている。
 会期は5月26日まで(開館日は金・土・日・月曜日と
祝日)。入館料は100円。ただし21日までの4日間は
オープンー周年を記念し無料。

転載責任者メモ:千光寺参道=国道2号線「千光寺踏切下」信号のある
        ところから千光寺本堂に向けて上がる階段。(中村憲吉
        旧居や尾道幼稚園などがある)
        (文学記念室などが近い石畳が整備された階段は千光寺新道と
        呼ばれています。)

ニュース・メニューへ戻る