山陽日日新聞ロゴ 2003年4月4日(金)
10人がプロ級の腕前
 向島写真クラブ作品展開く
展示の様子
 西御所町、喫茶バンブーで第16回「向島写真クラブ写真展」
が開かれ、訪れた人の目をたのしませている。
 4人が新たに会員に加わり、15日までが前期、16日から
30日までが後期の2回にわたり開かれ、前期は10人が各2
点ずつ出品。
 山口邦夫さんは「早春の息吹き」、土本寿美さんは「渓谷
(奥津)」、青木博さんは海岸の波紋を描いた「海おりおり」、
末貞悌三さんは「雲景(ひるぜん)」、堀出辰義さんは線路に
猫がうたた寝している「春うらら」、木曽武司さんは「北アル
プス」、河本義彦さんは雪がつもった「県北の冬」。
 新会員の3人、渡辺喜弘さんは「鞆の街角」、徳山敦美さん
は「吹雪のアイヌ村」、谷林義隆さんは開花した梅と小鳥を活
写した「光とたわむれて」といずれもプロ顔負けの腕前の風景
写真で来客も1点、1点、熱心にみて回っていた。

転載責任者メモ:ホテルアルファーワン尾道の西の並び。

ニュース・メニューへ戻る