山陽日日新聞ロゴ 2003年4月3日(木)
和やかな雰囲気を
 かのこで尾道生彩会水彩展
展示の様子
 尾道老人大学絵画コースOB同好グループ尾道生彩会の第31
回展となる春の水彩画前期展が1日から久保1丁目、画廊喫茶
かのこで始まった。15日まで。
 昨年の愛媛県地域展で大賞を、今年の同展で奨励賞を獲得し
た栗原茂会長ら17人が風景や静物など6号から10号までの
作品各1点を、また指導にあたっている元尾道市立美術館館長
上石田勲さんが久山田水源地を描いた「湖水の秋」(8号)を
賛助出品。最高齢は91才の女性。年歴を感じさせる穏やかな
作品が和やかな雰囲気を醸しだしている。
〜中略〜(出品者氏名)
 写真中央が上石田講師の「湖水の秋」、その左が栗原会長の
「和舟」。

転載責任者メモ:尾道市役所前のおのみち映画資料館脇の道を入り
        1本目を右折して右側。

ニュース・メニューへ戻る