山陽日日新聞ロゴ 2003年4月2日(水)
さくら祭り開幕
さくら餅の中間イベントも
 
千光寺公園の賑わい全市に波及を
  総額150万円のギフト券景品に
テープカットの様子
 桜の名所千光寺公園の賑わいを地域の活性化につなげようと、
1日から30日まで繰り広げられる第4回「おのみちさくら祭
り」の開幕を飾り、初日午前11時から土堂1丁目の本通り商
店街西入り口でオープニングセレモニーが行われた。期間中、
総額150万円のギフトカードが買上げ応募券で当たる抽選に
加え、今回は中間イベントとして12日と13日の両日、尾道
商工会議所前でさくら餅の無料配付とさくら餅づくりの体験コ
ーナーも設置される。
 オープニングセレモニーには、商店街の役員ら約30人が参
加。実行委員長の福井弘・商工会議所副会頭が「きのう開花し
た千光寺公園の桜が人との交流を深める季節となりました。経
済の低迷、イラク進攻、地方選挙と多重多難な行楽シーズンで
はありますが、大いなる千光寺公園の賑わいを全市に広げ、皆
さんの力で一層盛上げ、活性化を図りたい」と挨拶、市長代理
の中司孝秀。市産業文化部長が来賓を代表して祝辞を述べ、こ
のあと佐藤忠男・商工会議所会頭や村上隆・市商店街連合会長
ら5人によるテープカットで開幕を祝い、行事の成功を祈念。
初日は中商店街の萬迷所案内処前に緋毛氈が敷かれ桜花が飾ら
れたばんこでお茶の接待があり、観光客らに喜ばれた。
 共催の市、商工会議所、それに商店、飲食、旅館・ホテル、
菓子、土産品、小売酒販、調理師、喫茶、理容・美容の各団体
加盟の約444店が参加。加入店を表示するポスターや小旗な
ど店頭に掲げアピール。期間中、3000円以上支払いされた
お客につぎの「おのみちギフトカード」および参加店から提供
された約200本の協賛賞が当たる応募抽選券が進呈される。
 抽選は5月14日、商工会議所で行われる。
 1等、20万円、1本▽2等、10万円、3本▽3等、5万
円、5本▽4等、2万円、10本▽5等、1万円、30本▽6
等、5000円、50本。
 中間イベントは12、13の両日、商工会議所前で午前11時
から先着300人に2個入りのさくら餅をプレゼント。午後2
時から参加料300円でさくら餅の製造体験を先着30人を対
象に実施、パック8個入りのさくら餅を進呈する。
 なお昨年の抽選応募は6万4807件。今回はこれを上回る2億
円を越える経済効果に期待がかかっている。


ニュース・メニューへ戻る