山陽日日新聞ロゴ 2003年3月29日(土)
1日から郷土作家展を
 公園内かおり館で賑かに
作家の手許を見つめる子供
 千光寺公園の春山イベントとして恒例の第13回「尾道郷土
作家工芸展」が1日から、公園内のかおり館で繰り広げられる。
主催は尾道観光協会と尾道工芸作家の会。入場は無料。
 尾道向島に在住する陶芸はじめガラス、木工、染織、七宝焼
の作家13人が作品を展示し、販売する。陶芸とガラス工芸は、
会場で作家から手ほどきが受けられる手作り体験コーナーも設
けられる。出品作家は次のみなさん。
 陶芸=金野光賀、金野剛、桑原孝文、小林良己、佐藤苔助・
正徳、佐藤和紀、高原一郎▽ガラス工芸=魚谷睦人、魚谷保幸
▽木工芸=住田之正▽染織=林原節子▽七宝焼=渡譲二。
 手作り体験は、陶芸が期間中の毎日でロクロと手捻り、絵付
けによる作陶。ガラス工芸は土日、祝日にガラス玉を作れる。
 開館は毎日、午前9時半から午後4時半まで。昨年は期間中
1万5000人が訪れている。


ニュース・メニューへ戻る