山陽日日新聞ロゴ 2003年3月20日(木)
28日には発行記念の講演会
 
旧市街地48カ所紹介を
  「レトロショップ巡り」パンフ
パンフレットの地図
 懐かしい雰囲気を留めたり、歴史ある商品を長年扱っている
中心市街地にある商店を集めて紹介する「レトロショップ巡り
in おのみち」のパンフレットが、まもなく完成する。
 職員が提案した「町づくりアイデア事業」をもとに、尾道市
が今年度事業化したもので、昨年8月に市民からの自薦・他薦
で公募したところ、87件が寄せられた。
 市民11人が選考委員に選ばれ、アドバイザーとして市役所
から森重彰文・学芸員と柚木延敏・観光文化課長の2人が加わ
った。
 昨年末から3回委員会を開くと同時に、担当の市商工係職員
と委託業者により、候補に挙がった店舗を訪問。調査や聞き取
り取材、パンフレットへの掲載説明などを行い、今回37店舗
と建物の合わせて48カ所をまとめた。
 パンフレットは84×30cmの横長で、カラー写真と紹介記事、
地図で構成(=写真)、2万部を印刷している。観光案内所や
掲載店などに置いて、無料で配布する予定。商工係では「これ
まで知らなかったポイントも含まれており、町の回遊性を高め
るためにも、良い内容になっているのでは」と話している。
 パンフ完成を記念しての講演会を、28日に開催。講師は藻
谷浩介・日本政策投資銀行地域企画部調査役で、演題は「尾道
の街の真価と課題」。午後6時半から商工会議所大会議室で。


ニュース・メニューへ戻る