山陽日日新聞ロゴ 2003年3月16日(日)
本町センター街
 マグロ解体のチャリティイベント
  
アーケード改装が完了
    春分の日オープン 明るく楽しい街づくりを
商店街
 明るく和める町づくりを目指し、尾道本町センター街(中川
潤代表理事、75店)が、今年はじめから行っていた延長200m
のアーケード天井部分の改装工事がこのほど完了。リニューア
ル・オープンのイベントを春分の日の21日午後1時15分か
ら土堂1丁目センター街ほぼ中央である空き地で行う。
 工事は1200万円をかけ、30数年経過したアーケードの天井
開閉部分を中心に波板を新調、側面部分を明るいベージュ色で
仕上げ、店頭に掲げられた統一看板とピンクのペナントにマッ
チし、買い物や観光客らを温かく迎えている。
 イベントはテープカットにつづき約60kgのマグロの解体実
演があり、市価の半額で即売、売上金は福祉事業基金に寄付す
るほか、各店舗で工夫を凝らせた売出しを予定している。
 なお統一看板灯は、午前11時から午後8時まで、防犯・水
銀灯はセンサー点灯でアーケード内の照明を維持することにし
ている。


ニュース・メニューへ戻る