山陽日日新聞ロゴ 2003年3月7日(金)
彼岸用花
 気候温暖な自然活用村
  キンセンカ、ストック花咲く
花畑の中で
 南に燧灘が広がり、背後に標高282mの高見山が衝立とな
り、冷たい北風をさえぎる、かって日本一の長寿村の温暖な向
島町立花。山の斜面で陽射しをたっぷり浴びた自然活用村「観
光花つみ園」では彼岸用花のキンセンカやストックが7分咲き、
休日ともなると鋏を手にした観光客らでにぎわっている。
 5.8アールの段々畑の花つみ園では東西の帯状に上から、
オレンジ色のキンセンカ、黄色のキンセンカ、紫色のストック
と3層にわたり花咲き、「ブン、ブン」と羽音をたて、ミツバ
チが花の蜜をあつめ、てんとう虫も花に吸い寄せられ、一足早
い春模様。
 休日になると遠く広島、岡山、愛媛からマイカーで訪れ、1
本30円と超格安の花々を鋏で摘み取り、持ち帰っている。
 15,16日の両日、恒例のフラワーバザールが開かれ、ど
っと人が訪れ、「早目に来て摘まないと、花がなくなってしま
います」(村上敏品・自然活用村村長)と話していた。


ニュース・メニューへ戻る