山陽日日新聞ロゴ 2003年1月11日(土)
グランプリ3万円や特産品
 
ももしま百景写真コン
  百島に来て写真パチパチ
 瀬戸に浮かぶ百島の素晴らしい自然、優しい人々、素朴な生
活、海、山、そして360度にひらかれた瀬戸の島々の眺望な
ど、21世紀初頭の百島のあり姿を写真に託して100景にま
とめ、後世に伝えよう−と、海老呑クラブ主催、百島社協、百
島公衛協、百島あい町協、市観光文化課後援による「四季おり
おり、ももしま百景写真コンテスト」が開催されることになり、
作品を募集している。
 応募は百島島民はもちろん、広くアマチュアカメラ愛好家な
どにも応募を呼び掛けている。アマチュア写真愛好家などに百
島に来てもらい、島の散策も兼ねてもらうため、写真の募集は
6月30日しめ切りと12月31日しめ切りの年2回に分けて
募集としている。
 島の風景のみならず、生活風景、お弓神事など島の行事も含
めて題材は自由。写真の大きさも自由。1人何点でも自由。入
賞はしめ切りごとにグランプリ1点で賞金3万円。準グランプ
リ2点、賞金1万円。佳作5点で特産品2箱、入選は10点で
特産品1箱。ちなみに特産品はいちご、玉葱、らっきょう、み
かん。
 審査はしめ切り1回ごとに島民による人気投票を行い、その
ベストランキングを基に学校長や百島の団体役員、ふるさと文
化史研究会が100選を決めることにしている。それにしても
元気のいい百島。ももしま百景を選んで島おこし、島の活性化
にという発想。百島を故郷としている島出身の人達は正月帰り
を利用して島内を撮影に回る姿が見られた。正月中は百島から
カメラの「パチパチ」が波静かな百島の海へコダマしていた。
問い合わせの連絡所は市役所百島支所内の「ももしま百景写真
コンテスト係」。〒722-0061 百島町1316番。
 ちなみに、11日のお弓神事ではカメラのシャッター音が鳴
り響くのでは?。


ニュース・メニューへ戻る