山陽日日新聞ロゴ 2002年10月29日(火)
宵宮の芸能祭大入り
 
人・人で会場の公園満パイ
子ども神輿前で記念撮影
 向東町の天女浜神社の秋祭りが盛大に行なわれ、住民のふれ
あいは盛り上がった。「こんなに愉しかった祭りは久し振り。
来年も楽しみ。お祭りはこうでなくちゃーネ」と、26日の宵
宮祭りは大盛況だった。会場の天女浜児童公園は約400人の
人・人・人。公園いっぱいの人出。
 この夜の芸能祭は、光永五十彦区長がまず挨拶に立った。公
園のトイレの水洗化、公民館の冷暖房設置、溝蓋の更新などな
ど、住み良い地域づくりに着々。区民1人ひとりが出来ること
からやるという意識の高揚を大切にしよう−など述べた。
 ついで真神田向東小校長、柿本女性会長、向東の各区長ら
19人が来賓の挨拶や紹介。いよいよ楽しみな芸能祭に突入。
風の強い寒い夜だったが、バンド演奏、子どものコーラス、尺
八、琴、落語、日本舞踊、歌手の歌など、日本の元気は天女浜
からとばかりの大賑わい。模擬店も盛況を見せ、天女浜の宵宮
は夜遅くまで続いた。
 翌27日は手作りの子ども神輿(写真)が区内を巡幸した。
実行委員会による反省会では「この賑わいを来年も繋げよう。
尾道の秋祭りの3本指の1つにしよう」と話し合った。天女浜
神社はその昔、遠い昔、潮止堤防が台風や大雨で毎年のように
崩壊。天女浜神社を建立、供養していらい崩壊することがなく
なったと言われている。


ニュース・メニューへ戻る