山陽日日新聞ロゴ 2002年10月17日(木)
同級生の店で初個展
 
丸山市助役が油彩23点
作品を前に作者
 前尾道市助役の尾道美術協会会員丸山義登さんの油彩画展が
16日から久保1丁目、画廊喫茶かのこで始まった。31日ま
で。
 向東から戸崎を描き3年前の県美展に入選した「瀬戸内集落」
(50号、写真右)をはじめ上高地や大山などの風景、花や静
物あわせて23点を出品。
 若い頃から絵に親しみ、平成7年市助役を退任後、本格的に
精進。在任中を含め県美展には10回近く入選した実力派。
 友人にすすめられ小・中学校で同級生だった平林孝典さんが
経営する画廊喫茶で初の個展開催の運びとなったもので、確か
な構図と温かさを感じさせる豊かな色彩が見る人の心を和ませ
ている。


転載責任者メモ:海と町並みが、モノクロ写真で見ていても、とても
        なごめる構図ですね。
        毎度書きますが、これ以外の画廊喫茶でも地元の方の
        展覧会がひっきりなしに行われています。絵の好きな方は
        ぶらりと入ってみて下さい。全てをご紹介していないのは
        ここに載せる私の勝手な基準で「尾道を訪れた一般観光客
        が見ても楽しめる、尾道周辺の風景が描かれたもの」だけを
        ご紹介しているためです。ご了承下さい。

ニュース・メニューへ戻る