山陽日日新聞ロゴ 2002年9月25日(水)
岩子島で林野3.5ヘク焼失
 海水約230屯で24時間後に鎮火
山火事上空を飛ぶヘリ
 23日午後1時40分ごろ、向島町岩子島、岩子島海水浴場付
近の西岩岳の山林から出火、乾燥注意報の上に強い風も吹き、火
の勢いは増した。尾道消防と地元消防団のあわせて車両22台、
人員100名以上が急行して消火作業に当たったほか、広島市へ
消防局と県防災の2機のヘリコプターも飛来、消火作業に当たり、
一夜明けた24日午前8寺10分ごろ鎮圧、昼過ぎには鎮火した。
 海水浴場付近から出火した火の手は高さ約130mの西岩岳の
山頂まで燃え広がり、松の木など約 3.5ヘクタールを焼いて鎮火
した。20時間以上も燃え続けたが、この西岩岳は急な傾斜とあ
って消火は難儀を極めた。消火は目の前の海水を使用した。広島
消防局のヘリは29回で15屯の海水を運び、県防災のヘリは
82回で65屯を運び放水。消防車も合わせて150屯の海水を
放水した。〜後略〜

ニュース・メニューへ戻る

転載責任者メモ:この秋口、台風が来てさえも瀬戸内に雨が降らず
        乾燥状態が続いていたようです。全国ニュースでも
        この火災は流れていました。気を付けて。
        右端に、岩子島厳島神社の鳥居が見えています。