山陽日日新聞ロゴ 2002年8月8日(木)
映画『なごり雪』の尾道上映会
 交流館でもチケットを
  ロケ地の後藤國利・臼杵市長も来尾か?
「なごり雪」ライブのポスター
 (7月12日付け続報)大林宣彦監督の新作映画『なごり雪』の尾
道上映会のチケット販売が本格的に始まった。
 主催がHTV広島テレビ、特別協賛がNTTドコモ中国、後援
が尾道市と尾道市教委など。9月2日(月)、会場は駅前のしま
なみ交流館ホール(定員690人)。
 映画の上映と、今の歌い継がれている名曲「なごり雪」の作詞
作曲者、伊勢正三さんのアコースティックライブを合わせた「ス
クリーンコンサート」は、午後5時開場の6時開演。全席指定で、
前売り3500円、当日4000円。
 それより前に、映画上映のみが同日正午開場、同時半開演で、
舞台あいさつの予定あり。自由席で1300円。
 チケットは、ドコモのiモードでの先行予約に続いて、尾道観
光協会がしまなみ交流館観光案内コーナーで取り扱いを始めた。
9日からは、ローソンチケットやチケットぴあなどでも販売を始
める。問い合わせは広島テレビチケットセンター(電話082-249-
1218番へ)。
 ロケ地となった大分県臼杵市からの情報によると、尾道上映会
の当日には後藤國利臼杵市長も来尾する予定という。後藤市長は、
映画撮影後の昨年11月、「監督が20年来、映画の舞台にした
古里尾道を1度見ておきたい」と私的に来尾、1泊2日で尾道散
策を行なっている。

ニュース・メニューへ戻る