山陽日日新聞ロゴ 2002年8月3日(土)
毎年20万部ロングセラー
 まっぷる倉敷・尾道改訂を
まっぷるマガジン倉敷尾道 表紙
 毎年、夏休みに照準を合わせて改訂している昭文社発行の観光
情報雑誌「まっぷるマガジン倉敷・尾道」03年版がこのほど、装
いも新たに発売された。
 まっぷる倉敷・尾道版は95年に創刊。しまなみ海道の開通に
合わせて99年から昨年までは、倉敷とは別に「尾道しまなみ版」
として刊行してきたが、しまなみ人気が急速に落ちたこともあっ
て、今年から当初の形態に戻したもの。
 特集は「尾道らしさを楽しむ定番コース案内」。千光寺や西国
寺、文学のこみち、渡船、細い小路の魅力や朱華園、茶房こもん、
鮮味くにひろなど尾道グルメ、続いて70カ所にのぼる観光施設
や土産物店、食事処を紹介している。付録として、切り離しが出
来る3000分の1のウォーキングマップも初めて加えた。
 まっぷるマガジン倉敷・尾道版は毎年、初版で20万部を出し
ており、これを手にして歩く、観光客の姿がよく見られる。
 今回も尾道エリアに関しては、地元フリーライター、吉田多美
重さんが取材・執筆を担当。全ページカラー写真で143ぺーじ。
定価は税別838円。

転載責任者メモ:これ以上細かい地図は住宅地図しかない、という
        感じの立体地図が付いていて、これを眺めている
        だけでもバーチャル尾道散歩が楽しめてしまいます。
        久し振りに倉敷に行きたくなった(おいおい)。
        チボリ公園が出来る前に行ったきりだからなぁ・・

        


ニュース・メニューへ戻る