山陽日日新聞ロゴ 2002年7月23日(火)
真夏の尾道風情を撮る
 8ミリフィルム映画講座で
8ミリカメラを構えるメンバー達
 ビデオではなく、8ミリ映像の撮影技法などを学ぶ「映画講座」
が21日、尾道市街地で開かれ、17歳の女子高校生をはじめ市内や
近隣市町、広島市などから17人が参加した。
 初心者を対象に、瀬戸内しまなみ大学の1つとして毎年開講。
午前中はおのみち映画資料館で、8ミリフィルムの機器を取り扱
っている神山隆彦さん(東京都)がカメラの操作方法、花本健治・
市生涯学習課長がシナリオの書き方を指南した。
 午後は1人1台のカメラを手に旧市街地に出掛け、梅雨明けし
たばかりの真夏の日差しのなか、久保八幡神社や西国寺、西郷寺
を巡り、新開などの小路や家並みなど尾道らしい風情を題材に、
思い思いに撮影していった(=写真)。
 資料館に戻って自分のタイトル画を制作、初回の講座を終えた。
8月末にもう1度、今回撮影したものをもとにフィルム編集を学
び、3分ほどの作品に仕上げる。


ニュース・メニューへ戻る