山陽日日新聞ロゴ 2002年7月16日(火)
27日水祭り
 旬の話題楽しく風刺を
  「水からくり人形」が涼しく演出
からくり人形を手にする作者
 地元住民の熱意で復活、14年目になる久保1丁目、熊野神社
の「水祭り」が27日(土)夜、水尾町町内会の主催で開催され
る。尾道夏祭りの1つとして、子供から大人まで人気があり、毎
年多くの人出で賑わう。
 祭りの主役で、神社内の井戸「水尾井」や町内の通りに面して
設置される「水からくり人形」の舞台は今年、6つ準備。政治や
社会を楽しく風刺、旬の話題や尾道の民話などをテーマにしてい
る。アニメ映画「千と千尋の神隠し」▽「のぞき見」▽「御誕生
おめでとう愛子様」▽「西国寺の仁王さま」▽「ムネオハウス」
▽大河ドラマ「利家とまつ」がそれ。
 からくり人形は、部位ごとに紙粘土や木彫りで形作り、衣装な
ども全て手作り。今川吉弘さん・智弘さん(=写真)親子を中心
に、制作が進んでいる。人形からは勢い良く水が飛ばされ、その
給水の仕掛けがどう見ても分からないのが魅力。電気仕掛けで動
く人形に加え、今年は初めて「シャボン玉」を飛ばす舞台も用意
する。
 21日には町内と神社を清掃、当日は神事後の午後6時ごろか
らスタートする。名物の「くずきり」なども売られる。


ニュース・メニューへ戻る