山陽日日新聞ロゴ 2002年7月5日(金)
豪華食事招待の大福引も
 大宣伝展開の天満宮祭
  大道芸と勇壮五十五段昇降
 長江1丁目御袖天満宮の夏季大祭の祭典式次第が決まった。か
っては尾道の夏の三大祭りの1つとして勇壮を誇っていた。この
ところ役員や青年部など肝煎りで往年時へ向って復活を見せつつ
あり、今夏の大祭も楽しみ。
 学文の神様、菅原道真公御神忌1100年を迎え、1年に1度
の大祭として今回は盛大、盛会が予想されている。祭典式次第に
よると、18日午後5時から御神輿行幸祭で、本社から御旅所ま
でおみこし巡幸。19日午後4時から御神衣ならびに献進祭と勧
学祭。
 20日の土曜日(海の日)午後2時から御神輿還幸祭のおみこ
し巡行、御旅所から本社へ。午後8時前後に勇壮55段昇り降り。
20日は午前10時から当日祭の商工業繁栄、五穀豊穣祈願祭。
おみこし巡行の際、太鼓の音が聞こえてきたら門戸、窓を開けて
おみこしを迎えて下さいとのこと。
 夏季大祭の協賛行事として今回は19日午後5字から9時まで
大福引き。景品もロイヤルホテル豪華食事会のご招待を始め、景
品は数千点。さらに、午後5時30分から、今回は大道芸大会。
どんなパフォーマンスの大道芸かお楽しみ。しかも、天満宮ひま
わり会による各種売店も登場。鎮守の森は大にぎわいーしそう。
とくに、天満宮のお祭りポスターもパソコンを活用して製作。ポ
スターには「大道芸大会」など、例年にないカラフルなポスター。
しかも、長江地域のみならず、栗原地区の新駅辺りまでポスター
を貼り、大宣伝の今回。意気込みが感じられ、その勢いに誘われ、
境内は大入りかも。

転載責任者メモ:言わずとしてた(?)大林映画「転校生」で
        男女が転げ落ちたという設定に使われた長い階段を
        御輿をかついで昇り降り。これは大変です!
        去年の様子はこちら


ニュース・メニューへ戻る