山陽日日新聞ロゴ 2002年6月22日(土)
夏の風物詩
 西商店街に『七夕』飾り
  初めて写真コンテストも
七夕飾りいっぱいの商店街
 土堂1丁目から2丁目に掛けての本通り商店街に21日、夏の
風物詩「七夕飾り」が設置された。8月4日までの40日余り、
可憐な風情が長さ500mにわたる本町センター商店街、駅前本
町一番街商店街、土堂中商店街を彩り、毎週末開催中の土曜夜店
にも華を添える。
 子供達の思い出作りの手伝いにと、今回で23年目になり、昨
年に続く「地球と環境に優しい七夕」をテーマに、市内と御調郡
内の幼稚園、保育所などに制作を依頼。これに42の園所、地元
土堂など小学校7校から約2千百人、他に高齢者が利用するデイ
ケア施設、社会福祉協議会、絵手紙教室など14のグループが参
加した。
 みどりの園幼稚園とゆるみ保育園、土堂小の園児、児童らはそ
れぞれ廃物を利用して制作した短冊、折り紙の輪つなぎなどの飾
りものを持ち寄り、高さ約10mの青竹に付けていった。通りで
は商店主や店員らが、手分けして飾り付けていく姿も多く見られ
た。
 来月6日の夜には、本町センター街で、尾道エレクトーン教室
の子供達による七夕コンサートを開く。
 初めての試みでは、「ファミリー写真コンテスト」を実施する。
テーマは「尾道の商店街七夕飾り」。今年の七夕飾りを題材に、
キャビネ判までの大きさで来月21日まで受け付ける。応募箱は
ふれあいサロンに設置の予定。審査は川口協治・川口石油社長と
秋田清・山陽日日新聞社社長、3商店街代表理事が行なう。発表
は同27日。グランプリ1点に3万円分の商品券など、入賞者に
は景品を揃える。

転載責任者メモ:「土曜夜店」は毎週お祭り状態で楽しいので
        観光客の方も是非。


ニュース・メニューへ戻る