山陽日日新聞ロゴ 2002年6月8日(土)
山手のゴミ回収を視察
 6か国のJICA研修員が
てんびん棒をかついだ人
 広島県と国際協力事業団(JICA)は、経済後進国から受け
入れている技術研修員の視察勉強会を7日、尾道市で行なった。
 中国、スリランカ、エチオピア、モーリシャスなど6か国から
の7人で、それぞれ国や地方自治体で環境保護や廃棄物処理を担
当している技術管理系の公務員。
 尾道の山手地区のゴミ収集作業について学ぼうと訪れたもので、
市清掃事務所の職員がガイドを。車が入らず、高齢化率の高い山
手地区での作業の大変さを説明。重い物だと40kgを超えると
いう天秤棒を担いでの運搬を実践して見せ(=写真)、「天秤棒
とタライによる収集は珍しく、日本では尾道だけ」などと解説し
ていた。
 一行はクリーンセンターも見学、尾道市のゴミ減量に向けた施
策についての説明も受けた。

転載責任者メモ:ゴミ処理も郵便も宅配も屎尿処理も消防も.. 坂の町を
        毎日守っている方々あっての"坂の町の情緒"なのですね


ニュース・メニューへ戻る