山陽日日新聞ロゴ 2002年6月7日(金)
本通り商店街
尾道エフエムの中継現場でお楽しみ券プレゼント
 W杯にあやかる新式ゲームも登場
  あす8日から恒例の「土曜夜店」
土曜夜店の横断幕
 夏の風物詩として親しまれている尾道市商店街連合会(村上隆
会長)の「土曜夜店」が8日から本通り商店街でスタートする。
来月27日までの各土曜日、車両進入禁止となる午後6時から3
時間、東御所町の林芙美子像前から久保2丁目までの6商店街が
アーケード街を中心にかき氷、焼き鳥など飲食コーナー、花火な
ど玩具、金魚すくい、輪投げやサイコロ、バスケット、それにレ
ギュラー選手の写真をくぐり抜けゴールをゲットする熱狂的W杯
にあやかるサッカーの新ゲームも登場。露天も軒を並べ、家族連
れやグループなど納涼と祭り気分を楽しんでもらおうという趣向。
 さらに1日から出力アップし、放送エリアを拡大した尾道エフ
エム放送が期間中の午後7時10分から8時までの番組で10分
程度、夜店の賑いを生中継。その現場でゲームなど協賛店のみ利
用できる1枚100円相当のお楽しみ券50枚を毎回進呈するこ
とにしている。金券は加盟店でも準備している。
 また22日からは尾道郵便局西側の3商店街に市内ならびに向
島町の保育所、幼稚園など製作した七夕飾りも彩りを添え、来月
20日には天神まつり、が盛り上げ、最終の27日は水まつりと
祇園祭が重なり、フィナーレを飾る。
 なお土曜夜店は昭和初期から始められ、戦中に中断されたあと
昭和24年に中浜通りで復活。7年後の31年本通りに移ったも
ので、これまで取り止めた年もあったが、アーケードの設置後は
恒例化し、企画を満載、夏の夜の名物として市民や観光客から喜
ばれている。

転載責任者メモ:去年行きましたが大変な賑わいで楽しかったです。
        下の写真はその写真。園児達の七夕飾りが雰囲気を
        盛り上げています。

2001「土曜夜店」の賑わい


ニュース・メニューへ戻る