山陽日日新聞ロゴ 2002年5月3日(金)
19日、公会堂で
 尾道市立美術館建設チャリティーに協力を
  
山波子ども神楽団など 10グループが競演
   第3回びんご尾道神楽共演大会
神楽
 市内各地に伝わる神楽を披露する第3回「びんご尾道神楽共演
大会」が19日午前10時から市公会堂で開かれる。今回は尾道
みなと祭協賛、市立美術館建設チャリティー事業として尾道文化
財協会と神楽保存会12団体で結成されているびんご尾道神楽協
議会の主催で1回から8年振り、2回から4年振り開催の運びと
なる。
 出演団体は、浦崎町の灘区神楽保存会、海老神楽保存会、戸崎
神楽保存会、満越神楽保存会、下組神楽団、上組神楽同好会、高
須町の太田神楽保存会、原田町の原田神楽団、山波町の山波神楽
団と山波子ども神楽団の10グループ。小学生から高校生まで
12人で「八岐の大蛇」を演じる山波子ども神楽団員など出演者
は総勢約60人。
 フィナーレ公演のあと、餅まきが行われる。
 入場整理券は500円(小学生以下無料)。
 チケットは土堂1丁目のDISC33ならびに市立美術館事務
所、市立美術館分館、市教委生涯学習課で取り扱っている。
 写真は市民俗文化財に指定されている山波神楽団が演じる「八
岐大蛇」。


ニュース・メニューへ戻る