山陽日日新聞ロゴ 2002年5月2日(木)
記念室と旧居で特別展
 中村憲吉5日命日に合わせ
中村憲吉旧居
 アララギ派の歌人で、尾道で生涯を閉じた中村憲吉(1889〜1933)
の命日が5月5日であることから、尾道市では、偉業の顕彰を目
的に、文学記念室と中村憲吉旧居で特別展を開いている。31日
まで。
 記念室では、直筆短歌など遺墨作品や愛用していた文具、同じ
くアララギ派の歌人で親交の厚かった平福百穂の軸画を展示。旧
居では市内の書道家、友宗杉径さんの書による憲吉の短歌作品3
点を床の間に披露している。
 管理担当の市観光文化課では、連休に向けて先日、職員4人と
シルバー人材センターによる旧居の清掃活動を行なった。(=写
真は観光文化課の提供)。
 両館とも午前9時から午後6時まで。


ニュース・メニューへ戻る