山陽日日新聞ロゴ 2002年4月28日(日)
摩訶衍寺で17年振り本尊開帳
 
瀬戸の絶景と新緑満喫
  稚児行列 小味の花おどりも奉納
山門から本堂に向かう稚児行列
 (既報)寺の町にあって1番高所に建つ原田町梶山田、大鵬山
摩訶衍寺(村上邦雄住職)で27日、33年振りとなる本尊の本
開帳が行われ、半開帳以来17年振り重要文化財の本尊「十一面
観音立像」が公開され、終日参詣者で賑わった。本尊開帳は29日
まで。
 本開帳を祝い初日午前9時すぎ、参道入り口から父母らに手を
ひかれた子ども52人による稚児行列で始まり、本堂に奉納した
あと村上住職を導師に結衆寺の僧侶13人による法要が営まれ、
同時に宝物殿に安置されている本尊(高さ181センチ)の扉が
開かれ、あわせて重要美術品に指定されている千手観音立像(高
さ104センチ)が公開され、衆生を救済するため33の化身を
現して法を説くといわれる穏やかな十一面観音菩薩の御姿に接し、
子どもたちも思わず手をあわせていた。
 また同日午後1時から県無形民俗文化財「小味の花おどり」が
奉納され、標高382.8mの山上近くから松永湾を眼前に瀬戸
の眺望を堪能、ウグイスが囀り、新緑に映える自然を楽しむ光景
がみられた。


転載責任者メモ:大林映画「あの、夏の日」のロケ地になった
        摩訶衍寺。地図で見ると、かなり北に入った
        方です。それでも海が見えるほど高い場所なの
        ですね。あの浄土寺山が180m足らずで、こちら
        が382.8mですか。。
        ちなみに横浜ランドマークタワーの展望台が
        273m。。尾道にあれを建てると浄土寺山より
        100mぐらい高いのですね\(゚o゚)/


ニュース・メニューへ戻る