山陽日日新聞ロゴ 2002年4月26日(金)
みなと祭に華添え
 植木武 墨絵展
作品を前に植木氏
 月2回、市総合福祉センターで開設されている尾道墨彩会墨絵
教室の講師を務める植木武さんの個展が、尾道みなと祭に先行し、
25日から尾道駅前の福屋2階パブリックギャラリーで始まった。
来月8日まで。
 「尾道を描く」をテーマに、千光寺や天寧寺、西国寺、浄土寺、
その三山からの尾道水道の眺望や坂道、海岸に立つモニュメント、
魚の行商など近作を主に20号までの31点を出品。
 肝臓を患い、2年半のブランクを乗り越え、1年半前に復帰し
てのいわば再起展。7年前に描いた今はない駅前マーケットの雁
木など懐かしい作品もあり、水墨とはひと味違った写実的な描写
が絵のまち尾道を強調。駅前を中心に繰り広げられるみなと祭に
華を添えそう。


ニュース・メニューへ戻る