山陽日日新聞ロゴ 2002年4月19日(金)
市街地見おろし翩翻と
 初夏の訪れを感じさせ、千光寺境内に
千光寺境内の鯉のぼり
◎・・桜にかわり藤やさつきが咲きはじめた千光寺山(標高136.9m)
山頂近くに立つ東土堂町、真言宗千光寺(多田義信住職)の境内に
鯉のぼりが翩翻とひるがえり、若葉に映え、初夏の訪れを感じさせ
ている。
◎・・鯉のぼりは副住職多田真祥さんの長男明弘ちゃんの誕生を祝
い昨年、妻幸子さんの実家から贈られたもので、長さ6mの吹き流
しと真鯉、それに緋鯉と子鯉を金堂と観光のシンボル玉の岩との中
間あたりに立てた高さ12mのアルミ製ポールに吊しているもの。
◎・・最近、市街地での大型鯉のぼりがすっかり影をひそめている
だけに、山上で風にあおられ勇壮に舞う鯉のぼりに市民や観光客ら
壮快感を楽しんでいる。その日の天候をみて来月5日の「端午の節
句」まで揚げることにしている。


ニュース・メニューへ戻る