山陽日日新聞ロゴ 2002年4月7日(日)
バッジ作り尾道土産に
 シンボルマークをデザイン
尾道シンボルマークバッジ
 尾道市が昨年度、新しく決めた「尾道市観光シンボルマーク」を
デザインした「缶バッジ」と「ピンバッジ」が出来上り、観光客向
けの土産品として売り出した。
 現在、全国的に若者たちに人気のある缶バッジは直径5cm(=
写真)、胸章として使うピンバッジは半分の2.5cm。
 販売は尾道観光協会が行ない、缶バッジが100円、ピンバッジ
が500円。新尾道駅とロープウエイ乗り場、しまなみ交流館の各
案内所に置いている。
 市観光文化課では既に、職員全員がピンバッジを胸に付けて職務
にあたっており、残り3週間となった「みなと祭」の準備に追われ
ている。
 市では今年度、国道や県道の市境などにある標識、透かしとして
刻まれている住民票などの市発行の書類を、新しいマークに換えて
いく。


ニュース・メニューへ戻る