山陽日日新聞ロゴ 2002年3月24日(日)
尾道で癒された若者が
 来月3日 尾道でピアノコンサート
ピアニスト渡辺雄一さん 天狗寿しの宮地さん
◎..人と人との出会い、心温まる交流から1つのコンサートが生ま
れた。4月3日(水)午後7時開演の「渡辺雄一ピアノコンサート」
(マスハラ楽器栗原音楽センター4階)がそれ。
◎..渡辺さんは東京・目白在の33才。リチャード・クレーダーマ
ンを育てたことでも高名なフランス音楽界の巨匠ピエール・ポルト
に師事。日本で唯一の直弟子。
◎..渡辺さんと尾道の出会いは10年以上前に遡る。工学部系の大
学時代、悩める彼は大好きな尾道を何度も訪れ、土堂本通りの一宮
神社下の「天狗寿し」の客にいつしかなった。
◎..自分の将来、進路に悩む渡辺さんの純粋さに魅かれ、主人の宮
地さんは「暁」に誘ったりして、我が子のような彼を励ました。
◎..尾道という町に癒され、宮地さんらの温かい励ましに渡辺さん
は一念発起、国立音楽大に進み、作曲家・ピアニストへの道を歩み
始めた。自作のファースト・アルバム「海辺のピアノ」に収録され
ている最初の曲は、彼自身の音楽発祥の地となった尾道をイメージ
して作られている。
◎..そのアルバムがオリコンフィーリングチャートの第7位にラン
クインし、クラシカルニューエイジ界のホープとして一躍注目され、
NHKスペシャルの挿入歌や、稲垣吾郎主演の「結婚の条件」のB
GMなどに採用され、この2月末には「ピアノ・カフェ」のセカン
ドアルバムが出るに至った。
◎..悩める若者が立派な若手音楽家に成長した、その後も宮地さん
との交流は、昔の通りに続いている。「忘れていた思い出が、ふと
よみがえる癒しのピアノ」というまさに尾道を彷彿とさせる彼の音
楽を1度、この尾道の地で聴いてみたいという仲間が宮地さんの周
りに出来た。
◎..最初は10人ぐらいで..という思いで始まったコンサート企画
が、輪の拡がりで会場をより大きいものへとしていった。チケット
1000円、問い合わせは0848-22-4608番。尾道という町のイメー
ジにピッタリのコンサートがこうして生まれた。無限の可能性と人
のぬくもりに包まれて...。


転載責任者メモ:目白といえばうちから歩いて5〜10分。。
        こんな身近にこういう方がいらっしゃるとは..。
        これはCDを手に入れなければ。


ニュース・メニューへ戻る