山陽日日新聞ロゴ 2002年3月20日(水)
しまなみレンタル 利用者の声に応え
 新たにマウンテンバイクを
  
マウンテンバイクで海岸を
 広島県瀬戸内しまなみ海道周辺地域振興協議会が運営している
「しまなみ海道レンタサイクル事業」に、新しくマウンテンバイク
30台を導入、このほど貸出を始めた(=写真は市広域振興課の提
供)。
 これまで広島県側の沿線全体で普通自転車221台、子ども用自
転車80台、電動アシストサイクル20台を保有し、貸出してきた
が、特に長距離に挑戦する利用者から「乗り易いマウンテンバイク
はないのか?」という要望が多くあることから、新たに導入したも
の。
 貸出し料金は普通自転車と同じ、1日大人が500円、子ども
300円。ただし、マウンテンバイクは全て大人サイズ。
 取りあえずは、最も利用者の多い「尾道港ターミナル」に全車を
配備、乗り捨て状況などを見ながら、瀬戸田観光案内所などに振り
分ける予定。


転載責任者メモ:これは使えますね。普通自転車("ママチャリ")と
        同じ値段というのも凄い。何しろ橋1つ渡るにも
        坂を登らないといけないので、ギア付きか電動アシスト
        がよろしいです。荷台が無さそうなのでリュックなどが
        必須のようですね。

        マウンテンバイクに乗った経験から言いますと、
        写真のような「すその細いズボン」で乗ること。
        ママチャリのようなチェーンカバーが無いので、
        服が巻き込まれたり、オイルで汚れたりします。
        すその広いズボンの場合は、ベルクロテープなどで
        右足だけでもすそが広がらないよう止めましょう。
       (モデル撮影してる!と思ったら市の写真でしたか(^^;)


ニュース・メニューへ戻る