山陽日日新聞ロゴ 2002年3月3日(日)
洋らんセンター
 「あんたが大賞」立花の槇さん
  珍しい野生らん一堂に
   国内外2百種、ふくいくと春爛漫
特別らん展会場
 "らんから学ぶ自然との共生"−をテーマに2日から向島町江奥、
向島洋らんセンターで「特別らん展inむかいしま」が開かれ、初日
約500人のらん愛好家らが訪れた。10日まで。
 99年、しまなみ海道開通イベント、世界らん展を契機に交流を
深めているインドネシアのボゴール植物園、ネパールのトリプトン
大学、フィジーのパシフィックオーキッド村から"黒いらん"と呼ば
れるセロジネ・パンデュラータ、薬用にも使われているセロジネな
ど貴重な野生らん70種類のほか広島市植物公園からは中南米、ア
フリカ産のらん、因島フラワーセンター、県内生産者、洋らん愛好
家から合計200種類、1600鉢が展示棟に並べられ、訪れた人
は熱心に鑑賞していた。
 洋らんの展示即売ではシンビジューム、コチョウラン、デンドロ
ビューム、フォーミデブルなど町内の生産農家から出された30種、
約3000鉢が並べられ、市価の3割引きで販売、場内はふくいくとし
た香りが漂っていた。2000〜3000円のミニコチョウランなどが売れ
筋だという。
 毎回、好評の「送って五らん」には県内外から296点が寄せら
れ、『あんたが大賞』には向島町立花の槇さんが2人の子どもに送
った「笑顔でいてごらん、あいさつをしてごらん、みんなで感謝し
てごらん、頑張ってごらん、そして夢に向かって羽ばたいてごらん」
が選ばれた。
 このほか、今回新設された小学生を対象にした「なかよくしま賞」
には向島町、奥上さんが入賞。「ほのぼの賞」には同、吉本さん、
「ゆうもあ賞」は美ノ郷町、尾方さん、「きれいにさくで賞」は高
須町、吉田さんがそれぞれ選ばれ、入賞者と送りたい人に洋らんが
プレゼントされた。


転載責任者メモ:ここは確かバスが近くまであるのですが、
        やはり車かバイクが便利。(山の中腹のような
        所で自転車は大変かと。。)高見山展望台や
        因島大橋見物などとセットで行くのがお薦めです。
        


ニュース・メニューへ戻る