山陽日日新聞ロゴ 2002年2月19日(火)
個性豊かな風景や魚
 「愛ランドの会」油彩展開く
愛ランドの会油彩展会場
 「移りゆく四季の景色や花に魅せられて描いてまいりました」−
と第3回「愛ランドの会油彩展」が向島町小歌島、喫茶・檸檬の樹
で開かれている。28日まで。
 光風会会員、吉原さんを講師に14年前に発足した同会は町内や
尾道、三原の40代から70代までの絵の好きな12人が毎月2回、
愛ランドで静物相手にデッサンや色彩感覚を磨いている。新緑と紅
葉の季節に時には泊まり込みで大山などにスケッチ旅行。代表の土
本さんは「一心不乱で絵を描き、ストレス解消にもなっています。
SMから10号まで各人が2点ずつ出品。講師の吉原さんは港町にカ
モメが乱れ飛び、厳しさと哀愁を感じさせる北海道利尻の「北限の
浜」を賛助出品している。
 「椿」土本さん▽「船溜り」戸田さん▽「寒椿」谷本さん▽「洋
梨」岡本さん▽「アンズの丘」木原さん▽「大山展望」河森さん
「ほご」深川さん▽「シクラメン」小田原さん▽「でべら」村上さ
ん▽「水仙」半田さん▽「びわ」力本さん▽「秋桜」宮谷さん。


転載責任者メモ:例によって名字のみ転載。


ニュース・メニューへ戻る