山陽日日新聞ロゴ 2002年2月19日(火)
向島1周駅伝
 オープンの部は尾道消防署A
  
久井中陸上部Aが優勝
  高校勢トップの座に風穴あける
向島一周駅伝
 向島町体育協会、同教育委員会、同社協主催、山陽日日新聞社な
ど後援の第22回「向島一周駅伝」が17日開かれ、町運動公園を
スタート、ゴールにして8区間、25kmで健脚をきそった。
 午前9時から開会式、楠体育協会長が挨拶、来賓の杉原町長、佐
藤代議士、高山県議が祝辞、新田議長らを紹介。選手を代表して向
島中陸上部、田川君が宣誓した。
 参加チームは町内をはじめ尾道市、久井町、因島市から中学校31、
高校3、地域6、オープン17、女子12の前回より9チーム多い
69チーム、552人が出場、タイムを競った。
 午前9時半、楠会長の号砲を合図に69人が一斉にスタート。生
憎の雨でズブ濡れになりながら、水飛沫を上げながら力走。御幸瀬
戸に架かる真っ赤な向島大橋を渡り岩子島(いわしじま)でUター
ン。津部田海岸からホワイトブルーの因島大橋下を通り立花、干汐
と続く眺望の好いシーサイドをひた走り、次々とタスキリレー。沿
道には傘を差した町民が小旗を振り応援していた。
 レースは高橋セイコー自動車1号が飛び出したが尾道消防署Aが
追い抜き、中盤、久井中陸上部Aが追い上げて、同署Aをふりきり、
その差をひろげ22回目にして初めて中学生が総合優勝を飾った。
過去21回は常に高校勢がトップの座にいたがこれに風穴をあける
大殊勲。久井中陸上部Aは前回は尾道東高にわずか2秒差、3mと
鼻の差で敗れていただけに喜びもひとしおだった。
 各部門の順位、区間賞、山陽日日新聞社からの最優秀選手賞(写
真下)は次の通り。〜後略〜(選手名、チーム名←必要な方はメー
ルで)


転載責任者メモ:大林宣彦監督「ふたり」のマラソンシーンを
        思い出しながら転載。それにしても来年は
        「中学生に負けるな」が合い言葉か(^-^;


ニュース・メニューへ戻る