山陽日日新聞ロゴ 2002年2月14日(木)
しまなみ地酒
 
「潮の響」予約も順調
  2期目の新酒試飲会
地酒の試飲会場
 しまなみ海道を代表する土産品で地域おこしを−と、3年前から
こだわりの純米酒「潮の響」づくりに取り組んでいる尾道、御調、
向島、因島の酒類小売業者22人により結成されたしまなみ地酒の
会は、2期目の蔵出しシーズンを迎え10日、天満町のサティ尾道
店1階イベントホールで新酒の試飲会を開いた。
 「潮の響」の幟や醸造元から贈られた杉玉が飾られた会場には、
500人分の試飲用「潮の響」が支度され、来店者に振舞われ、来
店者にも「さすが酒所の吟醸酒ですね」と評判が良く、予約注文も
順調。
 来月1日から会員店で一斉発売される新酒「潮の響」は、1.8
リットル瓶2400本(1本1850円)、720ミリリットル瓶950本
(950円)。
 会員店はつぎのとおり。
 尾道=もんすけ屋、おだ酒店、亀田酒店、石川酒・くだもの店、
Yショップはしもと、リカーショップオガワ、大崎酒店、セブンイ
レブン西久保店、安藤酒店、よしみつ、リカーショップたかがき、
リカーショップひらばやし、いづみや、吉田酒店、モンマートやま
もと、大本酒店、河原酒店▽向島=木曽和洋酒店▽御調=ホットス
パー御調店、コミュニティートヨタ▽因島=桝屋商店、国貞酒店。

        


ニュース・メニューへ戻る