山陽日日新聞ロゴ 2002年2月1日(金)
「花月」
 
鬼の面やエトの馬
  節分用のデコレーション
花月の飾りつけ
 昔懐かしい手作りアイスキャンディで全国ブランドに定着してい
る向島町川尻、「花月」は3日の"節分"にちなみ、店内のショーウ
ィンドーに節分用のお面や今年のエト馬など飾り付け、ライトアッ
プ。毎年、季節を感じさせる風物詩として地域の人達の目をたのし
ませている。
 「鬼はそと、福はうち」と節分用の鬼の面、おかめひょっとこ面、
それに木曽さん手作りの赤、青、緑の折り紙の鬼の面、ワンポイン
トとして生け花も飾られ、ひと足早い節分の雰囲気を醸し出し、行
き交う人も、しばし足を止め、見入っている。
 夜の帳がおりると店頭にイルミネーションが点滅、店内のライト
アップされた鬼面などがひときわ、浮かびあがり、人目を引いてい
る。
 10月、アイスキャンディの営業を終えると店内は「クリスマス」、
「正月」、「節分」、そして「お雛様」と次々とデコレーションが
ほどこされ、今や街の風物詩になっている。

        

転載責任者メモ:去年の夏もお邪魔してアイスキャンディと
        アイスコーヒーをいただきました。
        冬は営業していませんが、お店の飾り付け
        だけは続けて、付近を楽しい雰囲気にして
        いるのですね。


ニュース・メニューへ戻る