山陽日日新聞ロゴ 2002年1月29日(火)
色とりどりの20種類も
 亀森八幡神社"椿の名所"
咲きそろった椿
 "椿の名所"として知られている向島町兼吉名郷丸、亀森八幡神社
で色とりどりの椿が咲きはじめ、椿愛好家が立ち寄り、観賞してい
る。
 近くに住む浜田さんが20年前から全国各地から苗木を取り寄せ、
植えていき、今では亀森八幡神社敷地内に400本を越える椿がよ
く手入れされ、整然と立ち並び、「椿街道」として地域の人達に親
しまれている。
 種類は豊富で30種類にもおよび、初冬の11月には咲く白と赤
の「昭和侘助椿」、演歌、小林幸子のヒット曲となった「雪椿」、
孔雀が羽を広げたような「孔雀椿」、ほのかな色合いの「香姫椿」、
葉っぱが金魚の形をした「金魚葉椿」、4月と遅咲きの「羽衣椿」、
ユニークな「黒椿」、それに2月の冬花とされている椿が7月に花
開く「夏つばき」と種類は実にバラエティに富んでいる。
 「20年も経た椿の木は3m以上に成長、400本を越える木を
剪定など管理するのは大変です」と浜田さん。
 ちなみに椿の花ことばは「私の運命はあなたの手にある」。

        


ニュース・メニューへ戻る