山陽日日新聞ロゴ 2002年1月24日(木)
映画資料館
 行友李風の原作『月形半平太』など
  尾道ゆかり作品も紹介
   美空ひばりポスターと写真展を
ポスター
 市役所前のおのみち映画資料館で23日、「美空ひばりポスター・
スチール写真展」が開幕した。3月31日まで。
 美空ひばりが出演した映画作品のポスター41点と写真パネル72
点を展示。まだ子役だった時代の代表作『悲しき口笛』(1949年公
開)はじめ『ひばりの森の石松』(60年公開)など50、60年代の映画
全盛期の作品の収蔵ポスターを壁面に並べた(=写真上、別表も参
照)。スチール写真は配給会社の松竹と東映から借りた。
 なかでも注目は、尾道出身の劇作家、行友李風(1877〜1959年)原
作の『月形半平太』(松竹京都、52年公開)のポスター(=写真下)
とスチール。ポスターには"文壇の耆宿・行友李風原作"との文字が
見える。剣士半平太を慕う娘役を演じた。
 昨年末に、高垣純一さんから450冊以上寄贈のあった「キネマ
旬報」のうち、尾道作品が掲載されている関係号をピックアップし、
初展示した。1952年10月上旬号や53年9下旬号では『東京物語』
を特集。「日本映画の最高水準」と紹介され、当時から"超話題作"
であったことが手に取るように分かる。他には、新藤兼人監督の
『裸の島』を60年12月上旬号、林芙美子の原作で高峰秀子主演の
『放浪記』を62年9月上旬号で載せている。
 火曜日が休館。一般は入館500円、中学生以下は無料。

別表
ポスター一覧


ニュース・メニューへ戻る