山陽日日新聞ロゴ 2002年1月22日(火)
無病息災や商売繁盛
 立花地区で「とんど祭り」
海岸でとんど
 向島町、立花地区社協、同子ども会育成会は20日午前、立花運
動公園で「とんど祭り」をおこない、小学生や保護者ら約150人
が参加した。
 背後に高見山、目前にひうち灘が広がる海辺の公園で佐藤代議士、
高山県議、杉原町長らが見守るなか、竹で骨格を作り、4段重ねの
ワラを巻き、しめ縄やエトの馬を飾った高さ5mのとんどに松明の
火をつけると天空高く、勢いよく燃え上がり、焼け落ちると「ワァ
ー」といっせいに歓声があがっていた。
 参加者は無病息災、学業成就、商売繁盛を祈っていた。
 お神酒やボランティアグループ・なぎさの心づくしの豚汁がふる
まわれた。
 立花地区のとんどは明治時代から連綿と続いている。


転載責任者メモ:同じ日に山波でのとんども出ていましたし、
        多くの地域で催されています。今回は海岸での
        とんどの様子(写真)があったので選びました。

ニュース・メニューへ戻る