山陽日日新聞ロゴ 2002年1月12日(土)
受け継ぐ伝統
 開運の願いをこめ矢放つ
  百島八幡神社で恒例お弓神事を
並んで矢を放つ
 尾道市の離島百島で、550年以上の歴史がある百島八幡神社の
新年恒例「お弓神事」が11日午前、境内で繰り広げられ、今年の
厄除けと開運を願う町民が参拝、放たれる矢の行方を見守った。
 神社総代会が主催して毎年開いており、島内の福田、本村、泊の
3地区から選ばれた住民や出身者の男性15人が射手として参加。
雨上がりの気持ち良い日差しを浴び、室町時代の守護大名、赤松家
の三巴の紋が入った裃を着て整列。師範代をつとめる旗手孝文さん
が模範演技を披露し、本番にのぞんだ。
 約15m離れた直径70cmの的を目掛け、大太鼓の音を合図に1
人ずつ矢を射ていき、合わせて20ずつ放った。的に当たるたびに
見物客の百島小・中学生らから拍手と声援が送られていた。
 百島お弓神事は1441年、嘉吉の乱に歴史は遡り、破れた赤松
満祐の一族が百島にたどり着き、追っ手の襲来に備えて稽古したの
が始まりと伝えられている。現在は1年の無事と家内安全を祈願す
る神事として、受け継がれている。
 15年ぶりに射手となったという本村、村上さんは「気分爽快で
す」と話していた。


ニュース・メニューへ戻る