山陽日日新聞ロゴ 2001年12月23日(日)
商店街2会場で
 尾道賞と秀作、入選作を一堂に
  瑞々しい作品の鑑賞を
   24日から高校生絵のまち四季展
会場に作品を展示
 先日、審査の結果発表があった第1回「高校生絵のまち尾道四季
展」の展覧会が24日から、商店街の絵のまち館と郷土館ふらっと
で始まる。会期は来年2月3日までで、両館とも29日から新年3
日までは休み。入場は無料。
 絵のまち館の2階には、尾道賞の10点と秀作10点を、入選作
の百点は絵のまち館の1階(16点)とふらっと館(84点)に展
示する。
 21日には、主催者の尾道市観光文化課職員が、作品を1点ずつ
丁寧に飾り付けていく作業に追われていた(=写真)。
 地元尾道からは、尾道賞に県立尾道東の世良さん「木もれ陽−西
願寺」と三原東の吉原さん「向島遠望」、尾道北の漆迫さん「近道」
の3点が上位入賞しているのをはじめ、秀作に3人、7人が入選し
ている。
 過去9回を数える「絵のまち尾道四季展」の大人の作品とはひと
味違い、より若々しい着眼点と瑞々しさを感じられる作品が鑑賞出
来る。
 尾道賞と秀作の20人に対する表彰式は、23日午後1時から、
絵のまち館2階で行われる。
 展覧会の問い合わせは電話0848-25-7366番へ。


ニュース・メニューへ戻る